離型剤を使えば製造現場の成形でメヤニ防止が可能です

ねじと工場

製品の成形にはフッ素コーティングを使ってメヤニ防止

大量のパイプ

離型剤は型から物が外れやすくするための薬剤のことです。これを製品の内側に塗りつけることにより、材料と型がくっついてしまうことを防ぐので粘着力が高い材料を使った製品を作ったりする時に使われます。離型剤の中でも一番良いとされているのが、フッ素コーティングでゴムや金型などにくっつくことはなく分離させることが可能です。そして外したあともあらゆるものから製品を保護する働きがあり、耐久性が上がるというメリットがあります。またフッ素コーティングの長所として押し出しの成形においてメヤニを防止できることが挙げられます。素材を投入する際、口金の部分に付着しやすくなりますが口金に離型剤をあらかじめ塗布しておくことでメヤニを防止することができて、その上繰り返し成形することが可能となります。ゴムやプラスチック製品のクオリティを向上させ、きれいに成形できたりメヤニを防ぐなど、現場で使用する離型剤をお探しの場合はフッ素コーティング剤を専門とする会社に問い合わせをされてみてはどうでしょうか。自分で選ぶのも良いかもしれませんが、製品に適したものを見つけるまでに時間がかかってしまったり、無駄な費用がかかることも考えられますので、専門的な知識を持つメーカーに相談をして購入する方が安心して試用することができます。

Choices Article

Recent Posts